ロンドン外為、一時89円台

ロンドン外為、一時89円台

円が買われるっていうのは、円を回収してると読み替えても良いんじゃないだろうか?

日本が円買いを進めれば円を回収していることになるが、外国が円を買うということは、円資産を保有することでメリットが生まれるためだ。 通貨は、通貨当局からしてみれば、ガンガン増発するのも回収して廃棄するのも自由だ。

お金のルールに拘束されている、ある通貨主権の下にいる国民は、一万円札を破いて捨てたら、それは一万円分の価値を放棄したことになるが、通貨を発行している中央銀行からしたら、刷ってバンバン出しても、回収して燃やして捨てても、別に損得はない。


需要がない通貨、つまり引き受け手のない国債をバンバン出したら、通貨価値が下落するので、コーラ1本が一万円になってしまったりする。

その一方で、通貨は常に拡張圧力を加えていないと失速してフローが落ちてしまうので、緩やかなインフレ率を維持しないといけない。

適正なインフレ率を保つための赤字国債は、むしろ国家財政として健全ということになる。

赤字国債は適正な発行残高が守られてこそ健全ということになる。

円は今、需要がないから回収中でそれで円高になるのか、それとも回収し過ぎて円高になったのか、どっちなんだろ? 引用 wimax 比較

円高は日本が円を回収したわけではなく、外国が円資産を持つメリットがあるから円を買っているだけで、日本の通貨当局はあまり関係がない。

八ツ場ダム止めても利水に全然問題がない試算だということは、水の需要が減るということで、それは関東地方の人口や産業が、この先拡大する見込みが無いということになる。

高速道路を無料化は無理

高速道路を無料化して、料金プール制を止めるということは、この先新規路線を建造しないつもりだから、金を集めなくて良いということでもある。

という短絡的な考えにはならない。高速道路は常にメンテナンスをする必要があり、また数十年に1度大規模に建て替える必要もある。このコストの捻出は高速道路代と、揮発油税が割り当てられている。

もし、この2つの財源を無くしたら、そろそろ寿命がくる首都高で大規模な事故がおきるだろう。

首都高自体、自動車専用道路だが、高速道路ではないはずだ。制限時速60キロだもんね。

これで首都高速といえるのかも問題だし、いずれ、拡張して走りやすい道路にしなくてはならない。地方の高速道路を新たに作るより、既存の中途半端なスペックの道路を整備してやる必要があるし、老朽化への建て替えは本当にお金がかかる。

軍事の世界では、撤退戦は侵攻戦の5倍難しいと言われている。
それだけ縮小モデルというのはとても制御が難しい。

さて、どこに撤退すれば良いのか?
帰れる場所がある人々は幸せだ。

カードで仮想通貨を買えていた日本の金融システムの脇の甘さ

カードで債権は買えません。カードで株も買えません。カードで家は買えます。カードで車も買えます。さて、この線引きはどこに・・・

投機性が高いものはカードでは買えない、極めて現金に近い債券も買えない、カードで金は買えるんだろうか?

カードで仮想通貨が2018年の3月現在まで買えたという事実を知り、側頭しそうになった。

日本のリスク管理の甘さ、対応の遅さ、どう考えても、カードで馬券は買えませんと、カードで仮想通貨は買えませんは同じ意味である。

そんなことがまかり通ってしまっている日本ですが、3月をもってカードで仮想通貨は買えなくなるそうです。

当たり前すぎることが当たり前にできない日本ってやっぱオワコンフラグが上がってるとしか思えないんだよね。

さて仮想通貨だが、金融庁は新たに仮想通貨取引所の申請をしても認可を出さない。

理由は何も語らないから不明だ。

世界に置いてきぼりになるとは思えないが、自由競争が阻害されることで新規のテクノロジーへの対応が遅れるはばからしい。